読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドミニオンについて

この記事は、拓殖大学ディジタルコンテンツ研究愛好会のアドベントカレンダー企画の一つです。

拓殖大学ディジタルコンテンツ研究愛好会 Advent Calendar 2016 - Adventar

 

 

皆さんはじめまして。

おーぇすと申します。

今回、私が紹介するのは「ドミニオン」というボードゲームです。

ドミニオン

このゲームは2~4人用のボードゲームでだいたい40~80分くらいで遊べるゲームとなっております。

 

なぜ、私がこのゲームを紹介しようとおもったのかは、特に理由はありません。

ただ、単純にこのゲームが面白かっただけです。

ゲームに面白い以外の理由なんて必要ないでしょう(暴論)。

面白くないと感じたら、すみません。

それは私の力量不足です(きっと)。

 

ドミニオンがどのようなゲームか紹介します。

ゲームの主な流れは以下のような形になります。

1.始めに山札から手札が5枚になるように引く。

2.アクションカードを使用する。

3.カードを購入する。

4.場と手札のカード捨て札にする。

5.山札が無くなったら、捨て札をシャッフルして山札にする。

1~5を各プレイヤーが繰り返し行い、3種類のカードが売り切れるまたは、属州(植民地)カードが売り切れたらゲーム終了です。

最終的に勝ち点が一番多いプレイヤーの勝利となります。

 

ここで、少し細かなルール説明します。

まず、初めに山札の中身のカード 銅貨カードが7枚、屋敷カードが3枚(多分、これがスタンダートだと思う)の計10枚をシャッフルして山札にする。

 次に、

ゲームに使用するアクションカードを10枚決める。

決め方は特に指定はないので、ランダムに決めたり、好き勝手に決めてどうぞ。

 

2.アクションカードを使用する。について

アクションカードを使用できるのは基本的には1ターンに1回だけです。

 

3.カードを購入する。について

こちらも基本的には1ターンに1回しか購入できません。

購入には銅貨カード、銀貨カード、金貨カード(、白金カード)を使用しようします。

カードの価値は銅貨は1銀貨は2金貨は3(白金は5)となっており、

購入には左下の数字分のコインが必要になります。

card

 

 また、

一部アクションカードにはアクションの回数を増やしたり、購入の回数を増やしたりすることができます。

 

以上のことが理解できれば、ゲームができます(たぶん...)。

 

そして、このゲームの最大の特徴は、

ボッチにはできないことです。

 ボッチにちゅらいね。

そんな人のためにアプリ版があります。

興味がある人がぐぐってどうぞ。

 

本当に興味がある人は下記のリンクをクリック!

hobbyjapan.co.jp

 

最後に、クリスマスをドミニオンで遊ぶなんていかがでしょうか?